いつまでも残るものは信仰と希望と愛です―キリストを信じるという生き方ー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ルカ15:1~7
さて、取税人、罪人たちがみな、イエスの話を聞こうとして、みもとに近寄って来た。すると、パリサイ人、律法学者たちは、つぶやいてこう言った。「この人は、罪人たちを受け入れて、食事までいっしょにする。」 そこでイエスは、彼らにこのようなたとえを話された。「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。 見つけたら、大喜びでその羊をかついで、帰って来て、友だちや近所の人たちを呼び集め、『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください』と言うでしょう。あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。

イエスさまは、よく、パリサイ人たちから批判されました。「彼は、取税人や罪人たちと、食事まで一緒にする」と。安息日に人をいやした時も、(しきたりに従って)手を洗わないで食べたときも、何かにつけ非難されました。パリサイ人たちは、イエスさまのやり方が、自分たちと違うので気に入らなかったのです。しかし、イエスさまは、その批判に対して、無視したりせず、丁寧に説明をしています。

ルカ15章にある3つの「たとえ話」「いなくなった1匹の羊」「無くした1枚の銀貨」そして「放蕩息子のたとえ」これらすべては、2節にある「この人は、罪人たちを受け入れて、食事までいっしょにする。」というパリサイ人のつぶやきに対する答えとなっています。

「あなたがたに言いますが、・・・ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。」
イエスさまは、99匹を残して、1匹を探し求めて出て行きました。イエスさまの願いは、「失われたひとりを探し求めて救う」ことでした。パリサイ人たちは、「99匹をおいて1匹を追い求めるなんて、全体に対する配慮に欠ける。」と言って批判したのではないかと思います。

「全体のバランス」と「失われたひとりに対する傾注」この配分は、限りある人間には、難しいことだなあと思います。しかし、イエスさまは、その時、最も救いの必要があるところに、全力を傾けらました。「ひとりの救い」を大切にされたイエスさまの姿勢に倣いたいと思います。