いつまでも残るものは信仰と希望と愛です―キリストを信じるという生き方ー

マタイの福音書25章1~13節
1 そこで、天の御国は、たとえて言えば、それぞれがともしびを持って、花婿を出迎える十人の娘のようです。
2 そのうち五人は愚かで、五人は賢かった。
3 愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった。
4 賢い娘たちは、自分のともしびといっしょに、入れ物に油を入れて持っていた。
5 花婿が来るのが遅れたので、みな、うとうとして眠り始めた。
6 ところが、夜中になって、『そら、花婿だ。迎えに出よ』と叫ぶ声がした。
7 娘たちは、みな起きて、自分のともしびを整えた。
8 ところが愚かな娘たちは、賢い娘たちに言った。『油を少し私たちに分けてください。私たちのともしびは消えそうです。』
9 しかし、賢い娘たちは答えて言った。『いいえ、あなたがたに分けてあげるにはとうてい足りません。それよりも店に行って、自分のをお買いなさい。』
10 そこで、買いに行くと、その間に花婿が来た。用意のできていた娘たちは、彼といっしょに婚礼の祝宴に行き、戸がしめられた。
11 そのあとで、ほかの娘たちも来て。『ご主人さま、ご主人さま。あけてください』と言った。
12 しかし、彼は答えて、『確かなところ、私はあなたがたを知りません』と言った。
13 だから、目をさましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないからです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イエス様は、よく、たとえを使って、天の御国はどのようなところか、お話しくださいました。

2節に「そのうち五人は愚かで、五人は賢かった。」とあります。4節を見ますと、賢さと愚かさの違いは、予備の油を用意していたか、否かだということが分かります。

5節「花婿が来るのが遅れたので、みな、うとうとして眠り始めた。」とあります。「花婿が来る」というのは、聖書全体からして「キリストの再臨」を指していると考えられます。復活のイエスさまは、弟子たちが見ている前で、オリーブ山から天に上って行かれました。その時、み使いがこう言いました。

「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」キリストは、同じ姿で、再び、地上においでになります。それは、神の国を完成させるためにです。

花婿なるキリストが、キリストの花嫁である教会を迎えに来るのです。今は、キリストと教会は、婚約期間中です。しかし、やがて、花婿なるキリストと、花嫁である教会が一つとなる日が来ます。最も大いなる喜びの日です。それが、キリストの再臨です。私たちは、主イエス様が、直接的に、王の王、主と主となられる「神の国」の完成を、喜び待ちわびながら、目の前に置かれた信仰の馳せ場を走り抜きます。

ところが、花婿が来るのが遅れました。「もう来たか。未だ来ない。」日が傾き、夜になりましたが、いくら待っても、花婿が来ません。そのうちに、みな、疲れてうとうとして、眠り始めました。人は、そんなに長い時間、待ち続けるのは難しいのです。賢い娘も、愚かな娘も、十人全員がうとうとし始めました。

すると、突然、夜中になって「『そら、花婿だ。迎えに出よ』と叫ぶ声がしました。十人の娘たちは、すぐに、起き上がって、花婿を迎えるために、自分のランプのともしびを整え始めました。しかし、花婿が来るまでの時間が、予想以上に、長かったので、油が無くなり掛けて来ました。

これは、クリスチャンの信仰と、その源である聖霊を意味していると思います。イエスさまは、地上におられたとき、弟子たちにこう言われました。「人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」後の時代になると、忍耐できなくなり、不信仰がはびこることは、想定済だったのですね。

ヨハネの黙示録には、「見よ。わたしはすぐに来る。」と何度も繰り返し約束されています。初代教会の信仰者たちも、マラナ・タ「主よ、来たりませ。」と、キリストの再臨を待望していました。ところが、いつになっても、主が来られません。ある人たちは、再臨の約束を疑い始めました。「キリストの来臨の約束はどこにあるのか。父祖たちが眠った時からこのかた、何事も創造の初めからのままではないか。」と。しかし、神様は、時間を超えたお方です。神にとっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。

私たちは、みな、待つことが苦手です。そして、人間の忍耐には限界があります。だから、御霊の助け、御霊の満たしがどうしても必要なのです。

3、4節  愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった。 賢い娘たちは、自分のともしびといっしょに、入れ物に油を入れて持っていた。とあります。

油は、主の御霊を示しています。油を用意していたとは、聖霊に満たされていたと解釈することができます。人間の力で、信仰を持ち続けて行くのは困難です。ですから、聖書は、繰り返し、「御霊によって歩みなさい。」「御霊によって祈りなさい。」「御霊によってきよめられなさい」「御霊によって語りなさい。」「御霊に満たされなさい。」と勧めています。賢い人とは、御霊に満たされ、御霊によって、信仰の道を歩んで行く人です。反対に、「愚かな人」とは、御霊の満たしを求めず、御霊の助けを受けず、自分で出来ると勘違いしている人です。

このたとえ話の結論は、13節です。
13節「だから、目をさましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないからです。」

「その日、その時」というのは、花婿が到着するとき、つまり、キリストが再臨される時です。つまり、このたとえ話の要点は、イエス様がいつ再臨されるか、誰も分からないのだから、いつ、主が来られても良いように、クリスチャンは、信仰に堅く立っていましょう。その為には、いつも、聖霊に満たされることが必要ですよ。ということだと思います。

ある方が、「この5人の賢い娘は、なんて冷たい人たちなのだ。『油を少し分けてください。』とお願いされたのに、それを断るなんて。愛があるなら、油を分けてあげるべきだったのだ。」と言われたそうです。しかし、誰も、自分の油(聖霊)を、他の人に、分けてあげることは出来ません。それは、各人の責任なのです。

「どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。・・・ もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。」(Ⅰコリント⒔章)

10節に「そこで、(愚かな娘たちが、油を)買いに行くと、その間に花婿が来た。用意のできていた娘たちは、彼といっしょに婚礼の祝宴に行き、戸がしめられた。」の「戸が閉められた」は受け身形です。賢い娘たちが、意地悪をして閉めた訳ではありません。神が閉じられたのです。ノアの箱舟の戸も、ノアが閉めたのではなく、神が閉めたのです。

いつとか、どんな時とか、は誰も知りませんが、必ず、主は来られます。油を用意していた人たちにとっては、それはキリストの花嫁として、祝宴に与る、最高の喜びの時となりますが、何の備えもせずに、霊的に眠ってた人たちにとっては、嘆きながら、その日を迎えることになるでしょう。

私たちは、油断してはいけないと思います。いつ、主が来られても大丈夫なように、聖霊に満たされ、キリストに留まり、信仰に堅く立ちましょう。主が来られた時に、他の人たちに、油(聖霊)そのものを分けてあげることは出来ませんが、今現在は恵みの時です。愛する兄弟姉妹方の信仰がなくならないように、御霊の賜物が、少しでも分け与えられるように、忍耐をもって、執成しの祈りを祈り続けたいと思います。

「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。」
(エペソ 6:18)