いつまでも残るものは信仰と希望と愛です―キリストを信じるという生き方ー

『イエスご自身が近づいて来て』 
 ルカ24:13~35

ところで、ちょうどこの日、弟子たちのうちの二人が、エルサレムから六十スタディオン余り離れた、エマオという村に向かっていた。 話し合ったり論じ合ったりしているところに、イエスご自身が近づいて来て、彼らとともに歩き始められた。 しかし、二人の目はさえぎられていて、イエスであることが分からなかった。

「道々お話しくださる間、私たちに聖書を説き明かしてくださる間、私たちの心は内で燃えていたではないか。」

午後2時からジョイフル・イースターです。
どうぞ、教会においでください。