いつまでも残るものは信仰と希望と愛です―キリストを信じるという生き方ー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

召天者記念礼拝
「悼むこと、葬ること」
創世記23章

サラはカナンの地のキルヤテ・アルバ、すなわちヘブロンで死んだ。アブラハムは来て、サラのために悼み悲しみ、泣いた。 アブラハムは、その亡き人のそばから立ち上がり、ヒッタイト人たちに話した。 「私は、あなたがたのところに在住している寄留者ですが、あなたがたのところで私有の墓地を私に譲っていただきたい。そうすれば、死んだ者を私のところから移して、葬ることができます。」

☆関係者の方々は、お写真をお持ちください。
☆礼拝後、笠森霊園で墓前記念会を行います。