いつまでも残るものは信仰と希望と愛です―キリストを信じるという生き方ー

「祈りの人ネヘミヤ」 ネヘミヤ記1章

 5~8節 「ああ、天の神、【主】よ。大いなる恐るべき神よ。主を愛し、主の命令を守る者に対して、契約を守り、恵みを下さる方よ。 どうか、あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。私は今、あなたのしもべイスラエルの子らのために、昼も夜も御前に祈り、私たちがあなたに対して犯した、イスラエルの子らの罪を告白しています。まことに、私も私の父の家も罪を犯しました。私たちはあなたに対して非常に悪いことをして、あなたのしもべモーセにお命じになった、命令も掟も定めも守りませんでした。どうか、あなたのしもべモーセにお命じになったことばを思い起こしてください。」

☆主日礼拝においでください。神の恵みに心癒され、新らたな希望をもって歩んで行きましょう。