12月16日(日)午前10時~11時30分 アドベント礼拝Ⅲ

「救い主のしるし」
ルカ2章1~20節
御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。見なさい。私は、この民全体に与えられる、大きな喜びを告げ知らせます。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。 あなたがたは、布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりごを見つけます。それが、あなたがたのためのしるしです。」

クリスマスの喜びの知らせは、ヘロデ王でも、祭司長でもなく、野原で夜番をしながら羊たちを見守っていた羊飼いたちのところに届けられました。それは、彼らが、心の奥底で、救い主の到来を待ち望んでいたからでした。救い主のしるし(目印)は、「布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりご」でした。それは、天の御座を降りて、私達と同じ姿をとり、最も低く貧しいところに来てくださった、救い主の姿でした。私達は、この「神の謙遜」によって救われるのです。ベツレヘムの宿やは、満員で、彼らのいる場所はありませんでした。身を低くして来てくださった救い主を、私たちの心と人生に、お迎えするとき、ほんとうのクリスマスを経験することができます。どうぞ、ほんとうののクリスマスを求めて、教会においでください。

☆午後2時から、ジョイフルクリスマスです。

カテゴリー: 礼拝のご案内 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です