9月8日(日)午前10時~11時30分 主日礼拝

「あなたの道を主にゆだねよ」
詩篇37篇1~11節

【主】に信頼し善を行え。地に住み誠実を養え。 【主】を自らの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。 あなたの道を【主】にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。 主はあなたの義を光のようにあなたの正しさを真昼のように輝かされる。 【主】の前に静まり耐え忍んで主を待て。その道が栄えている者や悪意を遂げようとする者に腹を立てるな。

私達には、ひとりびとり、神が備えたもう道(人生)があります。皆が同じ道を歩むのではなく、それぞれに相応しい道があると、聖書は、教えています。しかし、それは、あらん限りの力を振り絞って、人との競争を勝ち抜いて行くような歩みではありません。聖書は、「あなたの道を主にゆだねよ」と勧めます。「ゆだねる」とは、ヘブル語でガラルと言い「転がす」という意味を含んでいます。「背負う」とき、全ての重さは自分の肩に掛かってきますが、「転がす」とき、重さ自体は、地面が受けとめてくれます。私たちの重荷を受けとめて下さるのは、神さまです。主に信頼して、重荷を下ろすとき、神さまは、しっかりと受け止めてくださいます。私達は、転がすように、押して行けばよいのです。その方が、遥かに「楽な生き方」です。もちろん、「楽な生き方」と「怠ける」ことは違います。「地に住み誠実を養」う生き方です。

ずるいやり方をして成功しているような人を妬んだり、腹を立てたりせず、「肩の力を抜いて、神に信頼して生きる。」そうし続けるとき、神は、私達の人生を「完成」させてくださいます。どんな時も、信仰をもって歩んできたことは正しかった。ということが、明らかにされるのです。あなたの道を、主にゆだねて生きてみませんか。日々、重荷を担ってくださる主が、共に歩んでくださいます。

☆午後は、スモールグループと組会です。

カテゴリー: 礼拝のご案内 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です