5月12日 主日礼拝


イベント詳細

  • 日付:

『イエスご自身が近づいて来て』
ルカ24:13~35

15 話し合ったり論じ合ったりしているところに、イエスご自身が近づいて来て、彼らとともに歩き始められた。
16 しかし、二人の目はさえぎられていて、イエスであることが分からなかった。

31 すると彼らの目が開かれ、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。
32 二人は話し合った。「道々お話しくださる間、私たちに聖書を説き明かしてくださる間、私たちの心は内で燃えていたではないか。」

エマオ村への道中での出来事です。気落ちしていた弟子たちは、復活のイエスご自身が、近づいて一緒に歩んでおられるのに、気が付きませんでした。しかし、聖書の説き明かしを聞いているうちに、心が内に燃えてくる経験をします。そして、復活のイエスが共におられることが分かりました。彼らは、同じ道を、今度は喜び勇んで帰って行きました。現代のエマオ、それは、礼拝ではないかと思います。疲れた心で礼拝に来て、そこで、復活のイエスと出会い、うちに心燃やされて、それぞれの持ち場立場に、遣わされて行くのです。どうぞ、礼拝においでください。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です